2015年07月15日

『樹の周りの草取り…』


DSCN7593.JPG

オリーブの樹の周りの草を抜いていく…。


DSCN7595.JPG

幹から20pぐらい抜いたら…。


DSCN7597.JPG

樹を見上げて…、少し休憩…。

オリーブの木陰は、涼しく気持ちよく…、ここで数十分のんびりしたい…。
でも…、つぎの木へ。

樹の周りの草抜きは、手作業。
しゃがんだり立ったりで、暑い時期はこの動作が結構きつい。昨日や今日のように暑い日は、立った時には少し「ふらふら」
「ふらふら」が落ち着くと、次の木へむかう。
その前に、幼果の様子や害虫の食害、来年の結果母子の伸び方などを見ながら、そして、草を抜きながら色々考える。

コツコツ手作業で草を抜いていくとは、結構きつい農作業なのですが、このあと草払い機やハンマーナイフモアで走ると、効率が良かったり、樹を傷つけなかったり、よ〜く樹を観察できたり…。

いいことたくさんです…♪



高尾農園のオリーブ畑   農夫 高尾豊弘

「土と水と太陽、そしてオリーブ!」
「高尾農園Official HP」 
http://www.takao-olives.com

「Facebook 高尾農園のオリーブ畑のページ」
 http://www.facebook.com/takaoolive




posted by takao-olives at 20:50| 日記

2015年06月30日

「トマトとフクロ…♪」


CIMG3433.JPG

今日いただいたトマト…♪
近所の農家さん、ハウスで育てているトマトも、そろそろ最後のよう…。
春から、たくさん頂いて食べたトマト!!

これからは、露地育てているトマトが、たくさんなってくれる季節。プランターでは、ミニトマトやイタリアントマトなど、小さな実が少しずつ大きくなってきています。


CIMG3430.JPG

畑で使う常備道具と軍手などなどと、ビニールのレジ袋は、いつも軽トラの助手席に…。

畑でいると、『お〜い!!トマトいる〜? 袋持ってこ〜い!!』と、声をかけてくれる。
歩いていると、『お〜い!!』と、声をかけてくれる。
もちろんいるから、そこでレジ袋が必要になってくる。

一昨日は、メロンとキュウリ。
昨日は、トウモロコシとナスビ。
今日の朝はメロン、そして夕方はこのトマト!!

そして、少しの会話の中で、他の農作物の解らないことや知りたいこと、いろいろ教えてもらったり、助けてもらったり…。


早速、いただいたトマトは、スライスにして塩とOlive Oilで…。

秋には、お米とOlive Oilを贈ろう…♪




オリーブ畑の農夫(農ふ) 高尾豊弘


「土と水と太陽、そしてオリーブ!」
「高尾農園Official HP」 
 http://www.takao-olives.com

「Facebook 高尾農園のオリーブ畑のページ」
 http://www.facebook.com/takaoolive



posted by takao-olives at 19:52| 日記

2015年06月23日

「梅雨も中休み…♪」


CIMG3392.JPG

雲の間から日差しが降り注ぐと、蒸し暑く夏が来たような梅雨の中休み…。
オリーブ畑も、梅雨明けまでに農作業しておきたいこと…、梅雨明けから真夏の農作業の準備など…、空の様子をみながらの日々です。

毎年、季節の変わり目は、旧暦を参考にしています。
冬と夏の2つの季節を考えると、旧暦の衣替えの日で予想していて、衣替えは旧4月1日と10月1日の前後1週間で、暑くなったり寒くなったりで考えるのです。昨年の旧暦4月1日は4月29日、旧10月1日は11月22日でした。

梅雨入りは旧暦5月1日、梅雨明けは旧暦5月30日の前後一週間と考えながら、農作業の準備や予定などをたてています。そして、今年の旧暦5月30日は7月15日なので、その前後1週間までに、梅雨明けまでの農作業をしていこうと考え思うのです。

そして少し早いのですが、順調に生育して収獲のことも考え…。
昨年は、旧歴は閏月があり9月が2回ありました。そのため衣替えが11月22日なのに対し、今年は11月12日で10日も早く、実の摘みとりも、短期間で急がなければいけないような感じの予想もしたり…!!

こんな感じでいろいろ考えながら…、『備えあれば憂いなし』で準備をしながら…。
日々…、空の様子をうかがいながらの畑の作業です…♪



オリーブ畑の農夫(農ふ) 高尾豊弘


「土と水と太陽、そしてオリーブ!」
「高尾農園Official HP」 
http://www.takao-olives.com

「Facebook 高尾農園のオリーブ畑のページ」
 http://www.facebook.com/takaoolive




posted by takao-olives at 19:56| 日記

2015年06月02日

「増えるナギナタガヤ…♪」


DSCN7500.JPG


満開になったオリーブの花の下で、風がふくと、ゆらゆら揺れる「ナギナタガヤ」3〜4年前だったかな…、「ナギナタガヤ!!増えるといいなぁ〜」、見付けたらそのままに…、少しずつ増えてくれました。

DSCN7501.JPG

そして、今年はキレイに生えそろったのです。
でも、そろったのはオリーブ畑の一区画だけなのですが…。


DSCN7505.JPG

そのナギナタガヤが今年、ドンドンオリーブ畑に広がって来ました。

例年なら、この時期は草刈りを終えているか、草刈りの真っ最中…。
でも今年は、どんどんナギナタガヤがオリーブ畑にふえてきたので、倒れて種が落ちるまで我慢することに…。

ただ…。
これから梅雨を迎え雨がたくさん降ると、他の草や夏草はぐんぐん伸びて、梅雨明けの草刈りはものすごく大変になるのですが…、来年のことを考えて、一夏の我慢です!!


ナギナタガヤは、枯れて倒れると滑りやすいデメリットもあるのですが…。春の草も抑えてくれたり、これから倒れ夏草も抑えてくれ、枯れて土に戻り堆肥にもなってくれたり、ヒザぐらいの高さだし柔らかいので、オリーブたちの周り作業するのにも、気にする支障がないのがメリットです。自然にやってきてくれた「ナギナタガヤ」に増えてもらいながら、共生していこうと考えるのです。


DSCN7508.JPG

倒れたナギナタガヤに、乳白色のオリーブの花びら…。

来年も、たくさんのナギナタガヤが、オリーブ畑に広がるのを願って…♪




オリーブ畑の農夫(農ふ) 高尾豊弘


「土と水と太陽、そしてオリーブ!」
「高尾農園Official HP」 
http://www.takao-olives.com

「Facebook 高尾農園のオリーブ畑のページ」
 http://www.facebook.com/takaoolive




posted by takao-olives at 20:32| 日記

2015年05月23日

「開花と結実と幼果…♪」


ハウスの中と外でPOT植のオリーブたち…。


DSCN7473.JPG

昨年の11月からハウスの中で育てていると…、結実した幼果はドンドン生長して、1pぐらいに。


DSCN7477.JPG

3月の終わりにハウスの中へ入れたPOTは、すでに開花し結実した感じ。


DSCN7481.JPG

ハウスの外では開花を始め、あと2〜3日で満開になりそう…!!


農道を歩いてひと休み…、近所の花農家さん達と、少し雑談。
花を咲かすためには、冬の間温度管理をしたり、日が長くなるとハウスを暗くし日長を短くしたり、電気をつけて長くしたり、いろいろな工夫があることを教えてもらった。

そして、その話しを聞きながら…、冬の間は、気温が高くなるので納得し、はっと気がついたのは3月下旬にハウスの中の入れたオリーブたち…。『花は、積算温度で咲く』こと、解っているようで気がつかせてくれたこと…。
3月下旬からでも、ハウスの中は外気温とくらべれば高い。
この1月、サンフランシスコ郊外へ、オリーブや農業の勉強に行ったときも、ものすごく暖かかった…。そして、4月下旬から5月上旬に、サクラメント郊外では開花するようです。

『それぞれの植物が、どのように考え温度の積算を計算し花を咲かすか…、それは解らん…!!』と、農家さんたち…。


オリーブ畑のなかでも、日照時間や標高の違いがあり、同じ品種でも満開になるのはまちまち。
暑くて汗かいたり、寒くて震えたり…、どこの畑へ行っても同じように思えるのですが、オリーブたちは微妙な積算温度で花を咲かせてくれるようです…。

肌で感じる気温との違い…、そうすると開花のつじつまが合うのです…♪



オリーブ畑の農夫(農ふ) 高尾豊弘


「土と水と太陽、そしてオリーブ!」
「高尾農園Official HP」 
http://www.takao-olives.com

「Facebook 高尾農園のオリーブ畑のページ」
 http://www.facebook.com/takaoolive




posted by takao-olives at 20:02| 日記