2019年04月03日

剪定B 浜オリーブ畑

P1000325.JPG


P1000326.JPG


P1000328.JPG


P1000328.JPG



浜オリーブ畑…、育てているのはコッレジョーロ種。
四方から見たまだ剪っていない樹を、四方から眺めて…。

オリーブの樹を剪る前は、樹の周りをまわりながらどの枝を剪るか考えています。
主幹は決まっていて、主枝もほぼ決まっています。
主に主枝から出ているア主枝と徒長枝、オリーブの樹の場合は、ア主枝と徒長枝がよくわからなくなってきます。

将来、主枝になっていく枝を更新しなくてはいけないところや、そのままでいいところ…。昨年たくさん実がついた枝など考えるところがたくさんあります。
本来なら剪った方が樹形を保てる枝も、今秋実がつきそうな枝は残しておきます。樹の形も大切ですが、実をつけてもらうことも大切です。そこが悩みのポイントでもあるのです。


P1000329.JPG


P1000330.JPG


P1000331.JPG


P1000332.JPG


剪り終えた四方です。

昨秋たくさん実がついた樹は、来秋のために剪り戻してあげますが、この樹は下の方に実をつけていて、この秋に、実がついてくれる枝が上の方にいっぱいありました。上の枝をそのまま残し下の枝を切り詰めると、将来的にはヤシの木のようなオリーブの樹になってしまうし、上の枝を剪りすぎると実をつけてくれないので悩んで難しい剪定ですが、上の方を少し剪り、下の方もうまく剪れたとおもいます。

あとは思ったところに花が咲き、思ったところに枝が伸び…。
オリーブに思いが伝われ!!と願うばかりです…♪





農夫 尾豊弘


posted by takao-olives at 19:19| 日記

2019年03月26日

『池田大川の水路掃除』


P1000296.JPG

畑がある小豆島町池田地区には、この地区で一番大きな河川『池田大川』があります。
バルブを開くと農業用水が出てくるのですが、年に1度は皆で大掃除…!!管理すり池は3つあり、それぞれ分かれて草刈りや水路の掃除をしていくのが週末、30日と31日…。作物を育てていく大切な水を代々守っていっていきます。

池田地区の中に小さな地区があり、その1つの地区の係を任されています。
今日は私の担当の地区の掃除の場所の準備をしました。


P1000295.JPG

大川の中にある小さな水路には草や砂がたまり、水がの流れを遮ってしまうので、支流までスムーズに流れるよう草を取り、砂を取り、流れを良くしてあげます。


P1000297.JPG


P1000298.JPG

水がきれいに流れるようになりました…。

今は、花や蔬菜、オリーブや柑橘などいろいろな作物が育てられていますが、大昔は、この川から水を取り田んぼに入れていたそうです。

池から田んぼに水が流れ、川から田んぼに水がながれ…、先人の知恵が池や川に沢山あり毎年勉強になります。

今週末は、ここからの支流の数百bを皆で掃除していきます。ここが綺麗になっていれば、効率よく掃除していけます。
係の大役…、第一回目完了です…♪

農夫 尾豊弘

posted by takao-olives at 18:20| 日記

2019年03月15日

草抜き『アスパラハウス』


P1000229.JPG

気温があがって、畑作業も気持ちいい季節がやってきました…!!

気温があがってくると、元気になるのも草
オリーブ畑では、まだまだ勢い良く草は伸びてないのですが、この時期は日中のハウスの中は閉めきっていると40℃を超える暑さになるので、草は元気に大きくなるのです。

25℃を超えそうになると、アスパラガスのためには良くないので、ハウスの天井や横の窓を開けてあげます。
夕方が近くなると外気温は低くなるので、オリーブ畑の剪定を終え、アスパラハウスの窓を閉めて回ります。


P1000237.JPG

ハウスの窓を閉めてから、もう一度オリーブ畑へと思うのですが…、ハウスの草抜き。
これから、もっともっと気温があがって雨も降るとオリーブ畑の草もグングン伸び、オリーブ畑&アスパラハウスの草抜き同時進行ができなくなってしまうので、オリーブ畑の草抜きが始まるまで少しずつ…。

アスパラハウスは全部で5か所5棟、38列(38畝)…!!
1日、日が暮れるまで1日3畝目標としながら、手ごわい畝が出てくると1畝の時も…。

今日は、なんとか2畝完了です…♪



農夫 尾豊弘

posted by takao-olives at 18:47| 日記

2019年03月04日

雨の1日

P1000186.JPG

昨日のから雨が降り始め、今日の昼頃に雨が上がりそうな感じで上がらない。


P1000190.JPG

3時ごろ日が差し始めたので、仲休オリーブ畑へ行きました。
仲休オリーブ畑の剪定は、まだ先の予定。
今年も新しくオリーブ畑を増やし新しい苗を植える畑と、どこを剪ればいいのかを眺めながら色々考えてきました。
年々大きく成長した樹…。
今年も、昨年よりたくさん実をつけてくれそうな感じで楽しみです。

フラントイオ種を育てているので、新しい苗もフラントイ種にしようか…?全く違う品種にするか…?
もう少し考えてみようと思いながら…、フラントイオ種と受粉樹にマウリーノ種をと…、もう少し考え悩んでみます。



農夫 尾豊弘

posted by takao-olives at 19:35| 日記

2019年02月10日

剪定A 栗木谷オリーブ畑

P1000123.JPG


暖かい日が続いていた小豆島ですが、週末には寒さが戻ってきました。
例年より早く始めた選定作業…、栗木谷オリーブ畑の1/3ぐらか1/4ぐらい進んでいます。

昨年の選定作業の時に巻いた赤いテープは、残っているところと残っていないところがあります。


P1000124.JPG


P1000125.JPG



赤いテープは、昨年の春に剪定していなければいけないところ
でも、実がつく枝がたくさんあるので収穫時期に剪ってもいいかと、妥協といううか剪っても剪らなくてもいいところ…とか、樹形に問題ないけど収穫時期に届かなかったり、悩んだりすると赤いテープを巻いて様子を見ます。

収穫時期には、沢山の方々がオリーブ畑に集まります。
その日その日で違ってくるのですが、赤いテープを巻いているとテープのところから剪って収穫という目印になり、誰でも剪れる目印にもなっています。

でも赤いテープが残っている樹は、手が届いた樹か実がつかなかった樹などを判断しながら、今の剪定作業に生かしています。

剪定は、まだまだ2か月ぐらい続きます…♪



農夫 尾豊弘


posted by takao-olives at 18:37| 日記