2018年08月25日

大川の水路 台風20号のあと



大きな台風20号は小豆島の上を通り過ぎていきました。
たくさんの方々に心配していただきましたが、大きな被害なく、ありがとうございます。



DSCN0147.JPG

畑のある池田地区には、池田大川と言って川が流れています。
川の中には小さな水路があり、その水路から畑や住宅街の水路へと川の水が流れています。
田んぼが多かった昔は、この水路から田んぼへ水を入れ、田んぼの周りの水路へ排水をする大切な取水源だったのです。

今では田んぼも畑や宅地となり、給水の水路というより排水のための水路の役目のほうがほとんどとなっています。
畑や果樹園には、池からパイプラインで水が供給されていて、蛇口をひねれば水がでる。ものすごく便利になっています。
大きな池も水路も農業用パイプラインも、農業者の組合で管理しています。

私は水門の係で、台風や大雨の時は水門を閉め、それ以外の時は開放をする役目。


DSCN0148.JPG

台風のあとは、ごみなどが水門や水路に流れてきてしまいます。


DSCN0149.JPG

砂ははぐちですくって、ごみは取り除きます。


DSCN0150.JPG

そうすると、またきれいな水がスイスイ水路に流れ始めます。
今回の台風20号の雨は少なく、川の水も多く流れていなかったのですぐにきれいにできました。

もう来てほしくないですが、水路が詰まったり堰き止められると、水があふれたりの被害が心配です。
日ごろから水がスイスイ流れるよう心掛けています…♪





農夫 尾豊弘


posted by takao-olives at 16:50| 日記