2016年02月15日

「EVOO国際基準(IOC基準)認証書…」



DSCN8222.JPG

Extra virgin Olive Oil(EVOO)の国際基準は、国際オリーブオイル理事会(IOC)の基準と考えOlive Oilをつくっています。
2015年の秋に収獲した実で搾ったOlive Oilも、これまで同様、パネルテストとケミカルテストで国際基準の認証が届きました。

昨年産(2015年産)ミッション種100%のオリーブオイルとルッカ種100%のオリーブオイルとも、基準を満たしたEVOOです!!

国際基準でEVOOづくりは、世界に出ていっても恥ずかしくないためだったり、緊張を持って収獲から採油、ボトリングまでできるものです。
1年に1度だけの収獲と採油、その緊張が集中力をうみ、そして国際基準のEVOO認証が届くとホッとします。


DSCN8359.JPG

EVOOケミカルテストの基準は、酸度0.8以下、過酸化物価20.0以下などよく知られている数値ですが、オリーブオイルに多く含まれているオレイン酸の基準値もあります。

EVOOに含まれるオレイン酸の基準は、55.00〜83,00です。
この数値以下でも、この数値以上でもEVOOにはならないのです。

オレイン酸は、ミッション種「77.74」でルッカ種「74.66」でした。
これまでのケミカルテストの結果、オレイン酸はだいたい75.00前後で推移しています。

酸度は、ミッション種「0.09」でルッカ種は「0.08」でした。


この認証書を参考にしながら、今秋までオリーブの育て方、収獲から採油まで、1年間を通しいろいろ考え勉強していこうと思っています…♪




高尾農園のオリーブ畑   農夫 高尾豊弘

「土と水と太陽、そしてオリーブ!」
「高尾農園Official HP」 
http://www.takao-olives.com

「Facebook 高尾農園のオリーブ畑のページ」
 http://www.facebook.com/takaoolive





posted by takao-olives at 20:37| 日記