2015年04月25日

「剪定作業も、そろそろ終盤…♪」


オリーブたちの剪定も、そろそろ終盤…、来週明けには終わりそうな感じです。


DSCN7364.JPG

同じように、同じ畑で育てていても、隣と隣では、樹形や樹勢などなど違ってしまいます。
この樹は、どう剪っていこうかなと、樹の周りをまわりながら考えていきます。花が咲く枝、花が咲きにくい枝、剪らなければいけない枝…、花が咲く枝でも剪らないで残しておくと、来年のためにならない枝は剪るのですが、悩んでしまうことも多々あります。


DSCN7367.JPG

横枝から伸びた徒長枝。
強く伸びた枝には実がなりにくく、今年一年育てながら、来年の秋の結果母枝になるように剪定していきます。
1本の木で、花を咲かせて実をつけてもらえる枝…、来年花を咲かせ実をつけてくれるよう、考えていくのが剪定で一番難しいです。


DSCN7368.JPG

こんな感じで剪ったあと…。
下から見上げれば、空が透けて見えるようになったのですが、脚立に登って下を見れば、地面は見えにくくなるように…。葉っぱは、みんな空…、太陽を向いているので、下から見るのと上から見るのでは、全然違っています。下から見て、どの枝を剪ろうと思って脚立に登っても、脚立に登るとまた迷い考えてしまいます。


DSCN7371.JPG

そして、隣の樹…。
隣の樹も一周まわり考えながら…、剪ったばかりの隣の樹とのバランスも考え、剪る枝も決めていきます。
隣の樹を剪りながら、さっき剪ったばかりの樹も剪ることもあります…。

そんなことを考えながら…、剪定作業もそろそろ終盤です…♪




オリーブ畑の農夫(農ふ) 高尾豊弘


「土と水と太陽、そしてオリーブ!」
「高尾農園Official HP」 
http://www.takao-olives.com

「Facebook 高尾農園のオリーブ畑のページ」
 http://www.facebook.com/takaoolive



posted by takao-olives at 19:06| 日記

2015年04月04日

「剪定(環状剥皮)…♪」


DSCN7288.JPG

剪定…。
雨の様子を見ながら、少しずつ剪定作業が進んでいきます。


DSCN7290.JPG

鹿の食害にあったところの下枝を剪り、上枝をどう剪っていくか考える…。

昨年までは、太くなった木も間引き剪定していたのですが、この春からは変更。
太く大きな枝を剪ったり、樹の中を明けるというか開いてしまうと、実のなりにくい徒長枝がたくさん出てしまい、毎年同じことの繰り返し。
剪るか剪らないか…、悩むけど…、でもこの春、剪らなければいけない枝…。


DSCN7294.JPG

そこで、どうなっていくのかを試したく、環状剥皮して、目印に赤―テープを貼る。
この時期の環状剥皮が、いいのか…、どうなのか…、は、解らない…、でも、来年の結果母枝を伸ばしていくためには、いいかもと考えながら…、ひょっとすると環状剥皮する時期によっては、たくさんの油分や熟すのが早くなるかも…、そのようなことも考えながら、オリーブたちと向かい合っている剪定の季節!!


DSCN7297.JPG

そう考え…、悩みながら…、ひとつの樹の剪定を終え、次の樹へ…。

木づくり…、実をつける…、本格的な剪定は年に1度…。
あぁでもない…、こうでもない…、と、試行錯誤が続くのです…♪





オリーブ畑の農夫(農ふ) 高尾豊弘


「土と水と太陽、そしてオリーブ!」
「高尾農園Official HP」 
http://www.takao-olives.com

「Facebook 高尾農園のオリーブ畑のページ」
 http://www.facebook.com/takaoolive




posted by takao-olives at 19:21| 日記