2015年02月22日

「国際認証に沿って…♪」


オリーブの摘みとりが終わり、約3ヶ月…。
冬のこの時期は、オリーブたちも休眠期なのですが、蛎殻肥料や牛糞堆肥をあげていると、秋より少し幹が大きくなってきた感じ。
3月に入り、もう少し暖かくなってくると、そろそろ剪定がはじまるオリーブ畑…。


DSCN7147.JPG

イタリアから届いた、2通の手紙…。
明けると、昨秋搾ったミッション種100%とルッカ種100%、それぞれのOlive Oilの国際基準EVOO(エキストラバージンオリーブオイル)認証。

先に、メールで結果はわかっていたものの、オリジナルの紙が着くと、安心するというか…、ホッとします。
国際基準に沿ったEVOOづくりは、オリーブを育てオリーブオイルになるまで1年間が大切なことと考えています…。


DSCN7150.JPG

ケミカルテスト(理化学検査)は、数十項目ある数字をクリアしなければならなく、有名な数値は酸度や過酸化物価、K232、K270、deltK、鉄、銅、ワックスなどなどの基準値があります。
酸度0.8以下など、その数値以下の基準値もありますが、それ以上無ければEVOOの国際基準から外れるのです。
ルッカ種100%は『酸度0.08%』、ミッション種は『酸度0.09%』でした…。


DSCN7148.JPG

プロフェッショナルのEVOO鑑定士が鑑定…、パネルテスト(官能検査)が行われ、ベテラン鑑定士リーダーが鑑定士を8人から12人集め、それぞれの鑑定士が隔離された、パネルルームと言うところで、パネルテストが行われます。

その、ケミカルテストとパネルテストでクリアすると、オリーブオイルの中の最高峰…、EVOO国際認証の認証のサイン!!

1年間のオリーブづくりがあり、摘みとりから搾油、ボトルのキャップを閉めるまで、国際基準のEVOOづくりは気を抜けないものです…♪



オリーブ畑の農夫(農ふ) 高尾豊弘


「土と水と太陽、そしてオリーブ!」
「高尾農園Official HP」 
http://www.takao-olives.com

「Facebook 高尾農園のオリーブ畑のページ」
 http://www.facebook.com/takaoolive




posted by takao-olives at 19:00| 日記

2015年02月14日

「オリーブ堆肥…♪」


DSCN7112.JPG

オリーブの剪定枝…。


DSCN7110.JPG

チッパーにかけ粉砕すると、おが屑のようになって…。
でも、オリーブのいい香りがしています。


DSCN7129.JPG

そして1年間、発酵させると黒くきれいなオリーブ堆肥になります。

今日は、その堆肥をオリーブ公園へ頂きに行きました。
堆肥を崩していくと、中からモクモクと湯気が出て、どんどん発酵しています。

肥料分は無いけれど、有機物が生息し…、土が軟らかくなり…、二酸化炭素を…。
たくさんは頂けないので、菜園で試してみることにしました。

いい感じにできているオリーブ堆肥です…♪



オリーブ畑の農夫(農ふ) 高尾豊弘


「土と水と太陽、そしてオリーブ!」
「高尾農園Official HP」 
http://www.takao-olives.com

「Facebook 高尾農園のオリーブ畑のページ」
 http://www.facebook.com/takaoolive




posted by takao-olives at 19:45| 日記

2015年02月10日

「倒木した樹…♪」


DSCN7100.JPG

少し鉢が小さかったのですが、春までハウスの中で…。

近くでオリーブを育てている方から、『倒れたオリーブの樹いるか…?』と、連絡もらい譲り受けました。
台風と冬の強風で倒れてしまったようです。


DSCN7091.JPG

太く長く伸びているのは、2本の根っこで…、太い根っこが切れてしまうと大きな樹は、また倒れたりすると、樹を支える根っこ自体が無くなってしまうことを目の前にして理解…。


DSCN7093.JPG

ノコギリで、折れた太い根っこを切っていきながら、小さな根っこもきれいに切っていきました。


DSCN7095.JPG

素焼きの鉢にパーライトを入れて…。


DSCN7097.JPG

オリーブの樹をいれると、少し小さい…。
25gの鉢しか無く、少し小さく、春まで少し我慢してもらうことに…。


DSCN7098.JPG

樹の周りにパーライトをいれ、水をたっぷりあげ植替が完了しました!!

まだ寒いので、乾燥しないように毎日水をあげながら、春までハウスの中ですね…。
そして、芽がでてくるのを楽しみに待ちます…♪





オリーブ畑の農夫(農ふ) 高尾豊弘


「土と水と太陽、そしてオリーブ!」
「高尾農園Official HP」 
http://www.takao-olives.com

「Facebook 高尾農園のオリーブ畑のページ」
 http://www.facebook.com/takaoolive




posted by takao-olives at 17:25| 日記

2015年02月05日

『草取り…♪』


きのうは、二十四節気の『立春』でした。
もうすぐそこへ春が来ているようですが、西風少し強く寒い小豆島…、オリーブ畑です…。


DSCN7058.JPG

寺オリーブ畑…、大きくなったコレッジョラ種…。
剪定は、まだまだ先なので、樹の周りの草を少しずつ取っていきます。

今、草を少しでも取っていると、温かくなっても草刈り作業がものすごく楽だからです。


DSCN7060.JPG

冬の寒さにも負けない草を、コツコツと手で抜いて…。

DSCN7062.JPG



DSCN7063.JPG

カイカキで周りの土をきれいにしていきます。
今朝、少し雨が降ったので、草をつまむと軍手がすぐ湿ってしまい、ものすごく冷たい手になるので、20本ほどの樹の周りの草を抜いたら、またはきかえるのです。


DSCN7065.JPG

見付けるといつも取ってしまうのは、ヒコバエ…。
イタリアからやってきたこの樹たちは接ぎ木…。
元気のいい台木から出てくるヒコバエは、必ず切り取っていきます。


DSCN7066.JPG

ヒコバエを切り取ったら、次の樹へ…!!

その前に、その樹を見ながら、3月に入ってからの剪定のイメージも、忘れないようにしています。
そうしながら…、足と腰を伸ばす意味もあるのです…♪



オリーブ畑の農夫(農ふ) 高尾豊弘


「土と水と太陽、そしてオリーブ!」
「高尾農園Official HP」 
http://www.takao-olives.com

「Facebook 高尾農園のオリーブ畑のページ」
 http://www.facebook.com/takaoolive




posted by takao-olives at 17:39| 日記