2018年08月25日

大川の水路 台風20号のあと



大きな台風20号は小豆島の上を通り過ぎていきました。
たくさんの方々に心配していただきましたが、大きな被害なく、ありがとうございます。



DSCN0147.JPG

畑のある池田地区には、池田大川と言って川が流れています。
川の中には小さな水路があり、その水路から畑や住宅街の水路へと川の水が流れています。
田んぼが多かった昔は、この水路から田んぼへ水を入れ、田んぼの周りの水路へ排水をする大切な取水源だったのです。

今では田んぼも畑や宅地となり、給水の水路というより排水のための水路の役目のほうがほとんどとなっています。
畑や果樹園には、池からパイプラインで水が供給されていて、蛇口をひねれば水がでる。ものすごく便利になっています。
大きな池も水路も農業用パイプラインも、農業者の組合で管理しています。

私は水門の係で、台風や大雨の時は水門を閉め、それ以外の時は開放をする役目。


DSCN0148.JPG

台風のあとは、ごみなどが水門や水路に流れてきてしまいます。


DSCN0149.JPG

砂ははぐちですくって、ごみは取り除きます。


DSCN0150.JPG

そうすると、またきれいな水がスイスイ水路に流れ始めます。
今回の台風20号の雨は少なく、川の水も多く流れていなかったのですぐにきれいにできました。

もう来てほしくないですが、水路が詰まったり堰き止められると、水があふれたりの被害が心配です。
日ごろから水がスイスイ流れるよう心掛けています…♪





農夫 尾豊弘


posted by takao-olives at 16:50| 日記

2018年08月03日

草刈り 仲休オリーブ畑


DSCN0086.JPG

この夏の仲休オリーブ畑は、春から伸びたイネ科の草が沢山に生えて、梅雨明けぐらいからマルチなってくれました。

天然草マルチから伸びる草をハンマーナイフモアで刈っていきます。
樹の周りや石垣の周りは草刈り機で刈り、この後は樹の幹の周りは手作業です。先週から草刈り機とモアで少しずつ刈っていきました。



DSCN0085.JPG

今日もモアで刈り進めながら…。



DSCN0090.JPG

樹にどれくらい実がついているかも見ていきます。もちろん樹の調子も…。
フラントイオ種は、昨年より少し多く収穫できそうな感じで、ネバディロブランコ種はまだまだ先です。



DSCN0093.JPG

仲休オリーブ畑は寒霞渓の麓にあり、フラントイオ種とこの春新しく植えたネバディロブランコ種を育てていて、日が昇るのが早く日が沈むのも早い畑です。

例年なら夕方になると、とても涼しくスイスイ草刈が進むのですが、今年は猛暑の気温が高いので暑いです!!
明日も午後から仲休オリーブ畑…、来週中に草刈完了目標です。




農夫 尾豊弘


posted by takao-olives at 19:39| 日記

2018年07月22日

育てたデュラム小麦『セトデュール』製粉所へ


DSCN9956.JPG

昨年から育てていたデュラム小麦、国内初の新品種「セトデュール」を6月16日に初収穫しました。以前から、Olive Oilと自家農園で栽培したデュラム小麦で、パスタとかピザとかパンなどをと考えていました。

収穫当日、京都大学の学生さんたちに手伝ってもらいながら、どんどん収穫していきました。コンバインが入りにくいところは手刈り、コンバインが入れるところはコンバインです。

刈ったセトデュールは天日で干し、水分量12%ぐらいになったところで製粉ごろ…。
まずは、思い切って電動石臼を購入し製粉してみました。小麦粉になってくれましたが時間がかかるのと、どの状態が一番いいい小麦なのかの見極めが難しいと感じました。そこで相談したのは、香川県小豆農業改良普及センターです。小麦の種籾も、ここへお願いして取り寄せてもらったのです。



DSCN0061.JPG

そして待ちに待った今日、探していただいた製粉所へ製粉をお願いに行ってきました。

昔は、あちこちに製粉所があったようですが今では少なくなってきているよう、この製粉機を製造した会社は今もうないようです。
蕎麦、小麦、米の製粉の違いや小麦の保管方法、小麦を使う前にはふるいにかけて…、などなど…、短い時間でしたが製粉所のおじさんに色々教えてもらいました。
普段から何も考えず使っている小麦粉、食べている蕎麦…。話を聞くと奥深く、製粉をしていく段階でどう粉を見極めていくか…、Olive Oilの採油とよく似ているような気がしました。

デュラム小麦『セトデュール』が粉になってくるのは1週間後…、製粉のプロによって出来上がるのが楽しみです。



農夫 尾豊弘


posted by takao-olives at 19:05| 日記

2018年06月22日

天然の草マルチ


DSCN9970.JPG

昨日の午後から日が差し始め朝夕は過ごしやすいのですが、いよいよ梅雨明け真夏になってきた太陽です。

小さな幼果を見ながらオリーブ畑の見回りです。
暦と相談しながら、いつから草刈を始めようかと考えていきます。
真夏の草刈は、収穫前の修行といいましょうか…、暑さとの闘いの日々が始まります。


DSCN9968.JPG

仲休オリーブ畑…。
今春に新しく植えた苗も順調に根付いています。


DSCN9971.JPG



DSCN9972.JPG

フラントイオ種も元気に育っています。

日本なぎなたがややイネ科のような草が年々増えてきました。
オリーブづくりで一番多くの体力が必要なのは、草刈なのではと感じる真夏…。

春から気温があがり、雨とともにグングン大きくなる草…、草も味方につけると天然草マルチ…!!
嬉しいものです…♪

農夫 尾豊弘


posted by takao-olives at 19:57| 日記

2017年07月01日

2016年産Olive Oilも国際認証(IOC基準)されました。

PANEL N 66 - Nouen Takao Co Ltd.pdf


昨秋摘み採りしたオリーブの実を採油し、2016年産『ルッカ種100%』と『ミッション種100%』のOlive Oilとなりました。
オリーブ栽培を始めたころ、農業やOlive Oilに関する様々なことを勉強してきました。その中で8年前、エキストラバージンオリーブオイル(以下EVOO)と言えば酸度や過酸化物価の数値が頻繁に掲載されているのですが、EVOOには国際オリーブ理事会(International Olive Council=英IOC/伊COI)が定める国際基準(世界基準=International Trade Standard)があり、紫外線吸光度やオレイン酸などたくさんの数値基準があり、Olive Oilのカテゴリーも国際オリーブ理事会によって決められていることを知りました。
国際基準は、理化学的分析によるケミカルテストと人的味覚によるパネルテストの2つのテストに合格しないとEVOOの認証はいただけません。それから毎年採油するOlive Oilはイタリアの検査機関へ送り、認証され、2016年産も認証されたことで連続7年となりました。
初めてイタリアに送ったときは認証されるかどうか不安が一杯で、認証証が届いたときは感動と喜びで嬉しくなりました。今では認証されることはもちろんのこと、ケミカルテストとパネルテストの数値を見ながら、それぞれの品種の特徴や採油など、オリーブ栽培から採油、オリーブづくりの1年間を通してたくさんの反省や目標を考えられるようになりました。
 今秋も美味しい本物のEVOOができるよう邁進していきます。


※ IOC(International Olive Council インターナショナル・オリーブ・カウンシル)とはオリーブの分野における世界唯一の国際的な政府間機関
IOC は、スペイン・マドリードに本部をおく、オリーブオイルとテーブルオリーブの国際協定に基づく世界で唯一の政府間機関です。1959 年に、オリーブ栽培と生産の保護と開発のため、国際連合によって国際オリーブオイル協会(International Olive Oil Council/IOOC)として設立されました。その後、2006 年にインターナショナル・オリーブ・カウンシル(IOC)に改名されました。
IOC は、加盟国と協議をしながら、オリーブ業界発展のための政策作りを行っています。また、持続可能なオリーブ栽培の発展にも貢献しています。IOC プロデューサーメンバー(加盟生産国)で世界のオリーブ生産量の98%を占めています。
(IOC オフィシャルサイトおよび日本市場向けオリーブオイル啓発キャンペーンBelieve in Olive Oil サイトより)






posted by takao-olives at 18:46| 日記