2018年06月22日

天然の草マルチ


DSCN9970.JPG

昨日の午後から日が差し始め朝夕は過ごしやすいのですが、いよいよ梅雨明け真夏になってきた太陽です。

小さな幼果を見ながらオリーブ畑の見回りです。
暦と相談しながら、いつから草刈を始めようかと考えていきます。
真夏の草刈は、収穫前の修行といいましょうか…、暑さとの闘いの日々が始まります。


DSCN9968.JPG

仲休オリーブ畑…。
今春に新しく植えた苗も順調に根付いています。


DSCN9971.JPG



DSCN9972.JPG

フラントイオ種も元気に育っています。

日本なぎなたがややイネ科のような草が年々増えてきました。
オリーブづくりで一番多くの体力が必要なのは、草刈なのではと感じる真夏…。

春から気温があがり、雨とともにグングン大きくなる草…、草も味方につけると天然草マルチ…!!
嬉しいものです…♪

農夫 尾豊弘


posted by takao-olives at 19:57| 日記

2017年07月01日

2016年産Olive Oilも国際認証(IOC基準)されました。

PANEL N 66 - Nouen Takao Co Ltd.pdf


昨秋摘み採りしたオリーブの実を採油し、2016年産『ルッカ種100%』と『ミッション種100%』のOlive Oilとなりました。
オリーブ栽培を始めたころ、農業やOlive Oilに関する様々なことを勉強してきました。その中で8年前、エキストラバージンオリーブオイル(以下EVOO)と言えば酸度や過酸化物価の数値が頻繁に掲載されているのですが、EVOOには国際オリーブ理事会(International Olive Council=英IOC/伊COI)が定める国際基準(世界基準=International Trade Standard)があり、紫外線吸光度やオレイン酸などたくさんの数値基準があり、Olive Oilのカテゴリーも国際オリーブ理事会によって決められていることを知りました。
国際基準は、理化学的分析によるケミカルテストと人的味覚によるパネルテストの2つのテストに合格しないとEVOOの認証はいただけません。それから毎年採油するOlive Oilはイタリアの検査機関へ送り、認証され、2016年産も認証されたことで連続7年となりました。
初めてイタリアに送ったときは認証されるかどうか不安が一杯で、認証証が届いたときは感動と喜びで嬉しくなりました。今では認証されることはもちろんのこと、ケミカルテストとパネルテストの数値を見ながら、それぞれの品種の特徴や採油など、オリーブ栽培から採油、オリーブづくりの1年間を通してたくさんの反省や目標を考えられるようになりました。
 今秋も美味しい本物のEVOOができるよう邁進していきます。


※ IOC(International Olive Council インターナショナル・オリーブ・カウンシル)とはオリーブの分野における世界唯一の国際的な政府間機関
IOC は、スペイン・マドリードに本部をおく、オリーブオイルとテーブルオリーブの国際協定に基づく世界で唯一の政府間機関です。1959 年に、オリーブ栽培と生産の保護と開発のため、国際連合によって国際オリーブオイル協会(International Olive Oil Council/IOOC)として設立されました。その後、2006 年にインターナショナル・オリーブ・カウンシル(IOC)に改名されました。
IOC は、加盟国と協議をしながら、オリーブ業界発展のための政策作りを行っています。また、持続可能なオリーブ栽培の発展にも貢献しています。IOC プロデューサーメンバー(加盟生産国)で世界のオリーブ生産量の98%を占めています。
(IOC オフィシャルサイトおよび日本市場向けオリーブオイル啓発キャンペーンBelieve in Olive Oil サイトより)






posted by takao-olives at 18:46| 日記

2017年02月13日

「油の神様 油祖離宮八幡宮…」


DSCN9195.JPG

境内に入ったら、まず手を洗って…。

京都山崎といえば、まっさんのウイスキーなのですが、JR京都駅から普通電車の乗って山崎駅下車すぐ、油の神様『油祖離宮八幡宮』へ行ってきました。大手油業界の方々と話しの時には、必ず皆さん知っている油の神様です。製造メーカー、卸売業や小売業の沢山名前が出てきます。


DSCN9202.JPG

『平安時代の初め清和天皇の頃に、神主が「長木」という道具で「荏胡麻」を絞って油を採り、神社の灯明に用いた。これが始まりで、室町時代ともなれば宮廷はもとより全国の社寺や一般の人々で、油といえば山崎のものを使わない人はいなかった。………(参拝の栞)より』


DSCN9200.JPG
(油祖の像)


これまでのお礼と今年の秋もいいOlive Oilが搾れるようにと…、祈願してきました…♪




高尾農園のオリーブ畑   農夫 高尾豊弘

「土と水と太陽、そしてオリーブ!」
「高尾農園Official HP」 
http://www.takao-olives.com

「Facebook 高尾農園のオリーブ畑のページ」
 http://www.facebook.com/takaoolive





posted by takao-olives at 15:32| 日記

2017年01月24日

「少しずつ広がる仲休オリーブ畑…」


DSCN9112.JPG

冬の時期は、新しく貸してもらえた畑の再生とオリーブの木の近くの大きな木を伐ったりしています。

そろそろ今秋より本格的に摘みとりを期待している仲休オリーブ畑…。
フラントイオ種を育てていて、この春からその周りの畑もオリーブ畑になります。ここ数日間はその準備、木を伐ったりや草を刈ったり…、東西南北を確認しながら朝日が沢山あたるように、夕日も長く当たるようにと考えながら周りの木を伐っていく…。


DSCN9105.JPG

今日の伐った一番大きなクヌギの木。
冬は葉っぱがなくなり気にならない木でも、葉っぱが茂ってしまいいままで朝日を遮っていた。オリーブの木もクヌギの木の方へは伸びていかず、西の方へ斜めに伸びてしまう。これでこの周りの木々は、東西南北へ元気に枝を張ってくれることを楽しみに…。


DSCN9106.JPG

先週より寒くなり、今日も4時を過ぎたら雪が降ってきた。見上げる寒霞渓も雪が舞っているよう…。
積もりそうにはないけれど、今日はこのへんで作業は終わり…。
少しの時間でもコツコツと思いながら…、少しずつオリーブ畑の景色が変わってきています…♪




高尾農園のオリーブ畑   農夫 高尾豊弘

「土と水と太陽、そしてオリーブ!」
「高尾農園Official HP」 
http://www.takao-olives.com

「Facebook 高尾農園のオリーブ畑のページ」
 http://www.facebook.com/takaoolive





posted by takao-olives at 17:23| 日記

2017年01月16日

「間伐したオリーブの木は…」


DSCN9095.JPG

栗木谷オリーブ畑の木々は、大きくなって木と木の間がひっついてしまいました。
根っこから幹…、1bぐらいは新天地へ引っ越しすることが決定していて、元気に育ってくれることを願っています。

そして幹は、3年ぐらい大切にしまっておきます。


16118551_963676987066094_862578633_n.jpg

3年前、大切にしまっていた乾燥した幹は、『PRIYA』の手によって綺麗なビーズになりました。


16111311_963754293725030_1386210810_n.jpg


16118646_963754487058344_1835009069_n.jpg

そのビーズは色とりどりのビーズと一緒になって、イヤリングやブレスレットなどなどのアクセサリー…、栞や福巾着などなどに生まれ変わり、光り輝きがましました。


2月8日の水曜日から14日の火曜日まで、横浜高島屋さん5階Bエレベーター前に『PRIYA』さん初登場で、Olive & Mizuhikiワークショップも開催されます。
オリーブの幹のビーズ…、ぜひぜひ触れていただければ嬉しいです…♪



P.Sワークショップなどのスケジュールなど、詳しくは『PRIYA』さんメール priyajapon@gmail.com へお願いします。




高尾農園のオリーブ畑   農夫 高尾豊弘

「土と水と太陽、そしてオリーブ!」
「高尾農園Official HP」 
http://www.takao-olives.com

「Facebook 高尾農園のオリーブ畑のページ」
 http://www.facebook.com/takaoolive





posted by takao-olives at 18:23| 日記